主人の母との関わりについて

      2015/09/16

0-37

私の実家は九州で、嫁ぎ先は大阪です。
子供が生まれてからすぐに、夫に父親として子供に関わらせてあげたいという思いがあったことと、夫も自分のそばでの出産を望んでいたこともあり、帰省出産はせずに、大阪で出産しました。

妊娠、出産で帰省しないのであれば、出産後1ヶ月は体を大事にするために、家事は一切してはいけない、と心配した両親に言われました。

夫も私の両親の言ったことを受け入れてくれた形で、夫の実家に妊娠後期から出産後1ヶ月は同居させてもらうことになりました。

それまでの私と義両親の関係は非常に良好で、義両親は私のことを非常にかわいがってくれ、私もとても好きで、良い家庭に嫁いだ、と心底思っていました。

しかし、いざ同居を開始してみると、これまで一緒に住んでいなかった者同士が、快適に一緒に住むのは簡単ではなく、しかも妊娠中であり精神のアップダウンが激しい状態でしたので、結構大変な思いをしました。

今考えると、何であんなことで腹がたったのだろう、と義母に申し訳なく思うのですが、たとえば、主人の実家では、お味噌汁が出るのは毎日ではないのですが、私は毎日お味噌汁を飲みたい、けれど遠慮してしまってお味噌汁を作ってほしいと言えない、でもお味噌汁が飲みたいと思い、イライラするですとか、義母が使っているシャンプーとリンスが気に入らないなど、そういうどうでも良いことでプリプリしていました。
今考えると、ほんとに困った嫁です。

ですが、そのときは、妊娠中で自分の気持ちのコントロールが出来ず、何でもずけずけとはっきり物を言う義母にうんざり、イライラしていました。

乗り切った方法、、というのはないのですが、しいて言えば、夫にイライラした気持ちを言って発散させたくらいでしょうか。

あんまり良い方法ではなく、夫も、ぐちぐちいう私に少しうんざりしていたようでしたが、そのときはそうするしか方法が思いつかなかったです。

 -気持ちのこと

  関連記事

記事はありませんでした

主人の母との関わりについて

私の実家は九州で、嫁ぎ先は大阪です。 子供が生まれてからすぐに、夫に父親として子供に関わらせてあげた

悪阻の時の過ごし方と体重増加を防ぐ呪文

産婦人科で5キロまでしか太ってはいけないと強く言われ、検診のたびに、体重について注意するように言われ

妊娠中のマイナートラブル

妊娠はとても幸せで嬉しい気持ちにさせてくれる反面、普段とは全く違う自分の体が上手くコントロール出来な

1度目の妊娠ではひどくなかった悪阻が・・・

これまで、3回妊娠しました。 1回目の妊娠では、特に気持ち悪くなることはなく、「こんなものかな」とい

こむらがえり
就寝中の恐怖・こむらがえり

私は2児の母で現在3人目妊娠中の主婦です。 過去2回の妊娠でも、現在の妊娠でも共通して悩まされている